サービスルーム ( さーびするーむ )

サービスルームとは、建築基準法で採光や換気について、床面積に対する窓の大きさが基準を満たしていないなど、居室として認められない部屋のことです。『納戸』も同じ意味で使われることが多いです。

建築基準法で居室の有効採光率が決められています。住宅の場合は「開口部(窓)の大きさが居室床面積の1/7以上」です。この規定よりも窓が小さいと居室として認められないので、サービスルームとなります。部屋の広さとは直接は関係がなく、実際には独立した部屋として十分に使用できても、採光がとりにくいので注意が必要です。間取り図では『S』、最近では『DEN(書斎)』『F(フリールーム)』と表記されることもあります。

ただ、建築基準法的に居室と表記できないものの、実際には「少し暗い部屋」といった解釈が一般的です。

PAGETOP