建ぺい率 ( けんぺいりつ )

敷地面積に対する、建築物の建築面積の占める割合のことを建ぺい率(建蔽率)といいます。建ぺい率の値は用途地域の区分に応じて定められています。

「建ぺい率 = 建築面積 / 敷地面積」
建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の割合のことです。つまりその敷地に対してどれくらいの規模の建物が建てられるか、という割合のことで用途地域ごとに制限されています。

建ぺい率が高ければ敷地いっぱいに建物を建てることが可能です。逆に低ければ敷地に空いているスペース(庭やカースペースなどに利用可能)を多く設けなければいけません。住居系の用途地域は比較的建ぺい率が低く、商業系の用途地域は建ぺい率が高くなっています。

建ぺい率に含める箇所、含めない箇所
含める箇所:外部階段、外壁より1m以上出た、バルコニー・屋根・庇
含めない箇所:出窓(床から30cm以上の高さ、壁から50cm以下)


<参考>用途地域別 建ぺい率・容積率一覧表

  建ぺい率 容積率
第一種低層住居専用地域 30、40、50、60%のうち
都市計画で定める割合
50、60、80、100、150、200%のうち
都市計画で定める割合
第二種低層住居専用地域 30、40、50、60%のうち
都市計画で定める割合
50、60、80、100、150、200%のうち
都市計画で定める割合
第一種中高層住居専用地域 30、40、50、60%のうち
都市計画で定める割合
100、150、200、300、400、500% のうち
都市計画で定める割合
第二種中高層住居専用地域 30、40、50、60%のうち
都市計画で定める割合
100、150、200、300、400、500%のうち
都市計画で定める割合
第一種住居地域 50、60、80%のうち
都市計画で定める割合
100、150、200、300、400、500%のうち
都市計画で定める割合
第二種住居地域 50、60、80%のうち
都市計画で定める割合
100、150、200、300、400、500%のうち
都市計画で定める割合
準住居地域 50、60、80%のうち
都市計画で定める割合
100、150、200、300、400、500%のうち
都市計画で定める割合
近隣商業地域 60、80%のうち
都市計画で定める割合
100、150、200、300、400、500%のうち
都市計画で定める割合
商業地域 80% 200、300、400、500、600、700、 800、900、1000、1100、1200、1300%のうち
都市計画で定める割合
準工業地域 50、60、80%のうち
都市計画で定める割合
100、150、200、300、400、500%のうち
都市計画で定める割合
工業地域 50、60%のうち
都市計画で定める割合
100、150、200、300、400%のうち
都市計画で定める割合
工業専用地域 30、40、50、60%のうち
都市計画で定める割合
100、150、200、300、400%のうち
都市計画で定める割合
都市計画区域内で
用途地域の指定のない区域
30、40、50、60、70%のうち特定行政庁が
都市計画審議会の議を経て
定める割合
50、80、100、200、300、400%のうち
特定行政庁が都市計画審議会の議を経て
定める割合

*個別の建ぺい率、容積率については、市区町村役場の都市計画課で確認可能です。

PAGETOP