敷地延長 ( しきちえんちょう )

都市計画区域内で建築物を建てる時には、敷地が道路に2m以上接していなければならないルールがあります。敷地が道路に接していない場合には、敷地と道路をつなぐ道路状の部分を敷地に付けて売買します。その道路状の部分を「敷地延長」もしくは「路地状部分」といいます。

路地状敷地部分は通路の形状ですが「宅地」で所有者の土地面積に含まれます。『道路・私道』ではないのがポイントです。価格の割に土地面積が広い物件はほぼ、敷地延長とみて間違いないでしょう。

敷地全体の形状が旗に竿をつけた形に似ていることから、「旗竿地(はたざおち)」とも呼ばれています。

一般的には避けられがちな敷地延長物件、その理由としては下記が挙げられます。


敷地延長のデメリット
・採光、通風が確保しにくいと言われています。
・4方面が家に囲まれているため防犯面でやや不利と言われています。
・雑生活音の影響を受けやすいと言われています。
・家に入るために長い通路を通らなければなりません。
・家全体が見えません。
・売却時の査定が不利と言われています。

しかし、逆にメリットも多いのが特徴です。


敷地延長のメリット
・RVクラス(RV車)やワンボックスカーでも停めやすい車庫が路地状部分にあるため、同じ床面積でも家が大きくなります。事実上、一部屋増えるのと同じ効果が見込めます。
・土地が大きいので、建ぺい率、容積率の計算上も有利になります。間取りの工夫は敷地延長物件の方がやりやすいのです。
・奥まっているため道路からの騒音が届きにくいです。
・子供が遊ぶスペースとして路地状部分を有効活用できます。
・比較的割安に購入することができます。
・道路に面していないため静かであり、プライバシーも保護されています。

ただ、路地状部分が2mギリギリの物件ですと駐車するのも厳しい場合がありますから、注意が必要ですね。2.5mくらいあれば、問題はないでしょう。

PAGETOP