重要事項の説明義務 ( じゅうようじこうのせつめいぎむ )

不動産取引において、宅建業者が当該不動産に関わる一定以上の事項について、当事者に説明する義務を負うものであり、宅建業法35条において「宅建業者は、取引の相手方に対して、契約の成立前に、取引上重要である以下の12項目について、取引主任者をして書面を交付する形式で説明させなければならない。」という形で定められています。

宅地建物取引主任者は当該書面に記名押印をするとともに、説明をするときは、相手方等に対して、宅地建物取引主任者証を提示しなければならないとされています。

PAGETOP