高度地区 ( こうどちく )

高度地区とは、都市計画法による地域地区の一種で、用途地域内において市街地の環境の維持又は土地利用の増進を図るために建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区のことです。

高度地区で制限されるのは建築物の「高さ」のみであり、その他の制限は別の地域地区の指定によります。
また、高さについての規定は他に、建築基準法による第一種・第二種低層住居専用地域内の高さの制限、道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限、日影による中高層建築物の高さの制限があります。

建築基準法によるものが全国共通の規定であるのに対し、「高度地区」の制限内容は自治体によって異なります。

【例】
東京都
原則として3種類(第1種高度地区、第2種高度地区、第3種高度地区)の最高限度高度地区(区部、市部共通)が定められています。また、いくつかの区では最低高度地区の制限も導入されています。

神奈川県
横浜市、川崎市をはじめ、6市2町で高度地区の制限が導入されていますが、その内容はすべて異なっています。

PAGETOP