青田売り ( あおたうり )
「未完成の宅地あるいは建物の売買等」をいいます。

青田売りについて詳しくみる

頭金 ( あたまきん )

金融機関から住宅ローン借入を行うなど、契約の際に買い手や注文主が相手方に払うお金を頭金と言います。これは代金の一部として支払われます。

頭金について詳しくみる

位置指定道路 ( いちしていどうろ )

位置指定道路とは、建築物を建てるため、敷地(土地)内に建築基準法で定められた道路、つまり私道を造り、特定行政庁(都道府県知事や市町村長)に認可してもらった道のことです。

位置指定道路について詳しくみる

一時金 ( いちじきん )

一時金とは、賃貸契約の際に賃料とは別に借主が貸主に支払う金銭のことです。一般には、心機賃貸契約に伴う敷金、保証金、権利金、礼金や、賃貸借契約の継続に伴う更新料、名義書替え料などが挙げられます。

一時金について詳しくみる

一般媒介契約 ( いっぱんばいかいけいやく )

媒介契約の種類の一つで、依頼者(売主)が一つの宅建業者に限定せず、複数の業者に重ねて媒介や代理を依頼することができます。

一般媒介契約について詳しくみる

移転登記 ( いてんとうき )

記入登記の一種類で、「ある権利の権利者が他の人間へ移転した」ことを示すためのものです。売買、相続、交換などにより権利が移転したことによってなされます。
その方法は一般承継か特定承継かによって一部手続きが異なります。

移転登記について詳しくみる

違反建築物 ( いはんけんちくぶつ )

建築基準法および都市計画法など、関連する命令、条例の規定に違反して建築・増改築した建築物を指します。具体的には、建ぺい率超過、容積率超過、各種斜線制限の違反、用途制限違反、接道義務違反などがあります。

違反建築物について詳しくみる

印鑑証明 ( いんかんしょうめい )

印鑑の印影(押印した時の模様)が、あらかじめ届け出されたものと同じであることを証明するたの公的書類のことをいいます。法人の代表者などは登記所(法務局)に、一般個人は市町村や区などに印影(印を押した跡)を届け出ます。

印鑑証明について詳しくみる

印紙税 ( いんしぜい )

印紙税は、契約の締結時等に課税される国税で、印紙を貼付消印する形で納付します。

印紙税について詳しくみる

ウォークインクロゼット ( うぉーくいんくろぜっと )

ウォークインクローゼットとはその名前の通り、人が歩ける広さを確保し、主に衣類などの収納するスペースのことです。

ウォークインクロゼットについて詳しくみる

請負契約 ( うけおいけいやく )

請負契約とは、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対して報酬を支払う約束をするものです。住宅を建設する場合には、ハウスメーカー・工務店・設計事務所などの施工業者との間に工事請負契約を結びます。

請負契約について詳しくみる

ウッドデッキ ( うっどでっき )

ウッドデッキとは、地面より一段高く、建物の前に張り出して設ける木製床のテラスのことです。ベランダの上にすのこ状のパネルを敷き詰めるウッドパネルとは区別されます。

ウッドデッキについて詳しくみる

屋上緑化 ( おくじょうりょくか )

屋上緑化とは、屋根や屋上に植物を植え緑化することをいい、それによる建物の断熱性や景観の向上などを目的としています。

屋上緑化について詳しくみる

親子リレー返済ローン ( おやこりれーへんさいろーん )

親子リレー返済ローンとは、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資のひとつ。親の債務を、将来子供が引き継ぐ方法で、同居する親子で債務返済を継続できる住宅ローンのことです。

親子リレー返済ローンについて詳しくみる

オーナーチェンジ ( おーなーちぇんじ )

オーナーチェンジ(Owner Change)とはマンションや戸建住宅などを投資目的で購入して賃貸しているオーナーが、賃借人が入った状態で、所有権を他の人間に売却することをいいます。

オーナーチェンジについて詳しくみる

オープンハウス ( おーぷんはうす )

オープンハウス(Open House)とは物件の案内日を特定して自由に見学をする機会のことです。「オープンハウス」という特別な物件があるのではなく、住宅を販売する場合の一つの方法・形態をいいます。

オープンハウスについて詳しくみる

オール電化住宅 ( おーるでんかじゅうたく )

オール電化とは、家中で使うエネルギーを、すべて電気エネルギーでまかなう住宅のことです。特にガスを使う調理、給湯、冷暖房システムを全て電気器具に代替することです。

オール電化住宅について詳しくみる

PAGETOP