賃貸併用住宅

読んだ通りの意味で、自宅の建物の一部を賃貸住宅にした住まいのことをいいます。 例えば、二世帯住宅のように1つの建物が2つの住宅に分かれていて一方が大家の住宅、一方が賃貸住宅となっているケース、あるいは、2階と3階が大家の住宅となっており1階が4部屋の1ルーム賃貸アパートになっているケース、などさまざまなパターンがあります。 賃貸併用住宅には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

賃貸併用住宅について詳しくみる

高層住居誘導地区 ( こうそうじゅうきょゆうどうちく )

高層住居誘導地区とは、高層住宅の建設を誘導するために指定した地区のことです。人口の空洞化が進んだ大都市地域に高層住宅を建設することにより、良好な都市環境を形成する目的で定められました。

高層住居誘導地区について詳しくみる

耐火構造 ( たいかこうぞう )

耐火構造とは、一般的に鉄筋コンクリート構造、れんが造、コンクリートブロック造などの構造の建物を原則、指します。火災による焼失・類焼を防止する構造のことです。

耐火構造について詳しくみる

耐火等級 ( たいかとうきゅう )

火災時の安全に関する規定のひとつが『耐火等級』です。住宅性能表示制度により、住宅の部位がどの程度火に強いを示す等級のことです。
『延焼のおそれのあ部分(開口部)』と『延焼の恐れのある部分(開口部以外)』『境界壁および境界床(共同住宅のみ)』と等級設定があります。

耐火等級について詳しくみる

耐震基準 ( たいしんきじゅん )

建築基準法における耐震基準は、過去に大きな地震が起きるたびに改正されてきました。特に1981年(昭和56年)の改正では、「極めてまれに起こる大地震でも倒壊しないこと」が前提となりました。実際に阪神大震災では、この新耐震基準で建てられた建物は倒壊していません。この新しい基準によって、家の倒壊リスクはぐっと小さくなったと言えるでしょう。

耐震基準について詳しくみる

耐震構造 ( たいしんこうぞう )

耐震構造とは、地震の揺れに抵抗できる強度と粘り(変形性能)を満たすようにつくられている建物の構造のことです。最も一般的な構造で、住宅の筋かい等も、この考え方の上で成り立っており、大きな地震が来ても倒壊しないことを前提に考えられています。

耐震構造について詳しくみる

耐震等級 ( たいしんとうきゅう )

耐震等級とは、宅性能表示制度に基づき、建物の構造の強さをランク付けした等級のことです。
等級1から等級3まで3段階で表示されています。
等級3が最も耐震性能が高い住宅です。

耐震等級について詳しくみる

耐用年数 ( たいようねんすう )

耐用年数とは、減価償却資産において一般的に建物等が使用に耐えなくなるまでの効用持続年数または利用可能年数のことをいいます。耐用年数は、減価償却の目安となり参考にされる。

耐用年数について詳しくみる

宅地建物取引業 ( たくちたてものとりひきぎょう )

宅地建物取引業とは、宅地(土地)や建物の売買・交換、宅地建物の売買・交換・貸借の代理・媒介を業として行うことをいいます。

宅地建物取引業について詳しくみる

宅地建物取引主任者 ( たくちたてものとりひきしゅにんしゃ )

宅地建物取引主任者とは、宅地建物取引業者の相手方に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者のことです。

宅地建物取引主任者について詳しくみる

担保評価額 ( たんぽひょうかがく )

担保評価額とは、金融機関が住宅ローンなどの融資に担保として客観的、合理的な評価方法で算出した評価額(時価)のことです。

担保評価額について詳しくみる

第一種住居地域 ( だいいっしゅじゅうきょちいき )

第一種住居地域とは、大規模な店舗やオフィスビルなどの建築を制限する住居の環境を保護するための地域のことです。

第一種住居地域について詳しくみる

第一種中高層住居専用地域 ( だいいっしゅちゅうこうそうじゅうきょちいき )

第一種中高層住居専用地域とは、中高層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域のことです。

第一種中高層住居専用地域について詳しくみる

第一種低層住居専用地域 ( だいいっしゅていそうじゅうきょせんようちいき )

第一種低層住居専用地域とは、2~3階建て以下の低層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域のことです。

第一種低層住居専用地域について詳しくみる

第二種住居地域 ( だいにしゅじゅうきょちいき )

第二種住居地域とは、主として住居の環境を保護するための地域ですが、大規模な飲食店、店舗、事務所などの建築も可能な地域のことです。

第二種住居地域について詳しくみる

第二種中高層住居専用地域 ( だいにしゅちゅうこうそうじゅうきょせんようちいき )

第二種中高層住居専用地域とは、主に中高層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域。建築できる建物の種類は第1種中高層住居専用地域とほぼ同じです。

第二種中高層住居専用地域について詳しくみる

第二種低層住居専用地域 ( だいにしゅていそうじゅうきょせんようちいき )

第二種低層住居専用地域とは、主に低層住宅のための地域のことです。建築できる建物の種類や高さ制限は第一種低層住居専用地域とほぼ同じです。唯一の違いは小規模な飲食店や店舗などの建築が可能なことです。

第二種低層住居専用地域について詳しくみる

ダイニングキッチン ( だいにんぐきっちん )

ダイニングキッチンとは、LDと表記され、ダイニング(食堂)とキッチン(台所)が一室となった空間のことです。

ダイニングキッチンについて詳しくみる

団体信用保険 ( だんたいしんようほけん )

団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)とは、住宅ローン返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社がその時点の住宅ローン残高に相当する保険金を債権者に支払い、ローンが完済となる制度です。

団体信用保険について詳しくみる

断熱材 ( だんねつざい )

断熱材とは、熱の伝導・伝達を抑える目的の材料のことです。建物の冷暖房の効率化や冷蔵庫など熱を扱う様々な用途に使われています。

断熱材について詳しくみる

地上権 ( ちじょうけん )

地上権とは他人の所有する土地を利用する権利です。
物権の一種です。物権とは人の物に対する権利で、物を直接支配し、一定の利益を享受することができます。

地上権について詳しくみる

地代 ( ちだい )

地代とは、土地賃貸借契約や借地契約において、借主が貸主に支払う賃料のことです。借地料のことです。なお地代に消費税は課税されません。

地代について詳しくみる

地目 ( ちもく )

不動産登記法施行令3条に定められた分類であり、土地の主たる用途により21種類に区分されます。

地目について詳しくみる

中間金 ( ちゅうかんきん )

中間金とは、売買契約や建築請負契約が成立した後に、売買代金の一部として買主から売主へ交付される金銭のことです。内金の一種です。

中間金について詳しくみる

長期優良住宅 ( ちょうきゆうりょうじゅうたく )

長期優良住宅とは、住宅を長期にわたり使用することにより、建て替え時の環境負荷低減を目指し、中古市場の活性化を目的とした長寿命住宅の認定制度の条件を満たした住宅のことです。

長期優良住宅について詳しくみる

つなぎ融資 ( つなぎゆうし )

一時的に購入代金の支払いの充てるために受ける融資のこと。

つなぎ融資について詳しくみる

積立式割賦販売 ( つみたてしきかっぷはんばい )

積立式割賦販売とは、土地は持っている建築資金が足りない場合などに利用するケースが多く、割賦販売の一種のことです。

積立式割賦販売について詳しくみる

吊り戸 ( つりど )

吊り戸とは、上枠から戸をつり下げ、横に引いて開閉する形式の戸のことです。ハンガードアとも呼ばれています。

吊り戸について詳しくみる

2×6(ツーバイシックス) ( つーばいしっくす )

2×6工法とは、2×4工法の1.6倍の38mm×140mmに広げ、強度、耐震性をさらに極めた工法のことです。
壁が丈夫な分、土台になる基礎にも1.5倍の強さを加味していますので、阪神大震災の1.5倍の地震にも倒壊しない強度が保てます。

2×6(ツーバイシックス)について詳しくみる

2×4(ツーバイフォー) ( つーばいふぉー )

2×4工法とは、北米を中心に行われている一般的な木造住宅工法です。壁・床・天井に、2インチ×4インチ(38mm×89mm)の製材に構造用合板を貼り付け、面構成で構築される工法を指します。

2×4(ツーバイフォー)について詳しくみる

定期借地権 ( ていきしゃくちけん )

定期借地権は契約期間を50年以上とし、契約の更新がなく建物を取り壊して更地にして返還する必要がある借地権のことです。建物買取請求権のないものです。

定期借地権について詳しくみる

停止条件 ( ていしじょうけん )

将来にわたって発生するかどうかが不確実な事実がある場合に、その事実が発生することを法律行為の効力発生の条件として契約締結を行う場合、その条件を停止条件といいます。

停止条件について詳しくみる

低炭素住宅 ( ていたんそじゅうたく )

平成24年12月に「都市の低炭素化の促進に関する法律」が施行されました。これによって、低炭素化、すなわち二酸化炭素排出量削減のための措置が講じられた住宅は、以下の基準を満たすと「低炭素住宅」としての認定を受けることができます。

低炭素住宅について詳しくみる

抵当権 ( ていとうけん )

債務の担保として不動産に対して設定する権利(物件の一種)です。

抵当権について詳しくみる

鉄筋コンクリート造 ( てっきんこんくりーとづくり )

鉄筋コンクリート造(RC構造またはRC造)とは、引っ張りに弱いコンクリートを補強するために鉄の棒を配したコンクリート(=鉄筋コンクリート)を用いた建築の構造もしくは工法です。木造や鉄骨造に比べて頑丈で、遮音性にもすぐれています。

鉄筋コンクリート造について詳しくみる

鉄骨ALC工法 ( てっこつえーえるしーこうほう )

鉄骨ALC工法とは、H型の断面をした鉄骨を主な骨組みとした造りをし、軽くて厚みのある軽量コンクリート板(ALC)を床や壁に使う工法のことです。

鉄骨ALC工法について詳しくみる

鉄骨造 ( てっこつづくり )

鉄製や鋼製の板をI型やT型、L型、円筒型などに組み合わせた建材を建築物の躯体に用いる構造のこと。S構造とも呼ばれます。

鉄骨造について詳しくみる

鉄骨鉄筋コンクリート造 ( てっこつてっきんこんくりーとづくり )

鉄骨鉄筋コンクリート造とは、鉄筋コンクリートの芯部に鉄骨を内蔵した建築の構造もしくは工法です。SRC構造あるいはSRC工法と略されます。

鉄骨鉄筋コンクリート造について詳しくみる

鉄骨パネル工法 ( てっこつぱねるこうほう )

鉄骨パネル工法とは、骨組みを軽量鉄骨で造り、建物の大部分を工場で生産して現場にもってきて組み立てる工法です。

鉄骨パネル工法について詳しくみる

手付 ( てつけ )

売買契約・請負契約・賃貸借契約などの有償契約締結の際に、当事者の一方から他方に対して交付する金銭などの有償物のことです。

手付について詳しくみる

デベロッパー ( でべろっぱー )

デベロッパーとは、開発業者(developer)のことです。一般的には、大規模な住宅開発や都市再開発、リゾート開発、交通網の整備など行う業者のことです。

デベロッパーについて詳しくみる

登記簿 ( とうきぼ )

「私法上の権利の得喪・変更など関係事実の存在を公示かつ保護するため、一定の事項を記載した公の帳簿」のことをいいます。

登記簿について詳しくみる

登記簿面積 ( とうきぼめんせき )

登記簿面積とは、登記簿に登記されている面積のことです。土地の登記簿面積(地積)と実測面積は異なることがあるので、測量が必要です。

登記簿面積について詳しくみる

登録免許税 ( とうろくめんきょぜい )

登録免許税とは、土地や建物を建築したり購入し、所有権保存登記や移転登記等をする際にかかる税金のことです。登録免許税法に基づき,登記、登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明について課せられる国税で流通税です。

登録免許税について詳しくみる

特定街区 ( とくていがいく )

特定街区とは、市街地の整備改善を図るために街区の整備などを行う地区について、一般の制限とは異なる制限(容積率、壁面位置の制限など)を都市計画に定める地域地区のことを指します。

特定街区について詳しくみる

特定用途制限地域 ( とくていようとせいげんちいき )

特定用途制限地域というのは、用途地域が定められていない土地の区域内において、その良好な環境の形成や保持のため、その地域の特性に応じて合理的な土地利用が行われるよう、制限すべき特定の建築物等の用途の概要が定められる地域のことをいいます。

特定用途制限地域について詳しくみる

特別用途地区 ( とくべつようとちく )

特別用途地区とは、都市計画法第8条に規定されている「地域地区」のひとつで、用途地域内において特別の目的からする土地利用の増進、環境の保護等を図るための地区のことです。

特別用途地区について詳しくみる

特例容積率適用地区 ( とくれいようせきりつてきようちく )

特例容積率適用地区とは、都市計画で指定された区域内で、建築敷地の指定容積率の一部を複数の建築敷地間で移転することができる制度のことです。

特例容積率適用地区について詳しくみる

都市計画税 ( としけいかくぜい )

都市計画税とは、都市計画事業や土地区画整理事業に要する費用に充てる目的で、都市計画区域として指定されている、市街化区域内の土地や家屋の所有者に対して、市区町村(都)が課税する市(区)町村税(都税)のことです。

都市計画税について詳しくみる

都市計画区域 ( としけいかくちいき )

都市計画区域とは、都都道府県知事が指定し、原則として市または町村の中心部を含み、一体的に整備・開発・保全する必要がある区域のことです。

都市計画区域について詳しくみる

トップライト ( とっぷらいと )

トップライトとは、採光のため、屋根に設置される窓のことです。通風や換気の目的を兼ねる場合もあります。「天窓」、「ルーフ窓」、「スカイライト」ともいいます。

トップライトについて詳しくみる

徒歩所要時間の表示 ( とほしょようじかんのひょうじ )

徒歩所要時間は道路距離80mにつき1分を要するものとして算出します。
直線距離ではなく、道路に沿って測定した距離(道路距離)をもとに計算されます。

徒歩所要時間の表示について詳しくみる

PAGETOP