「土地」から買うことはなぜ難しいの?

建売住宅を買った方がよいのか、それとも自分で土地を購入してハウスメーカーを選定した方がよいのか、誰しも迷われるところではないでしょうか。

実際には、同じ「総額5,000万円(土地:3500万円 建物:1500万円)」の新築戸建でも、

1.建売・売建を購入
2.土地を購入し、メーカーを自分で探して購入

の2つの方法では「支払い時期」と「金額」に大きな違いがあります。建売住宅の方が、時期・金額面でははるかに有利になるのです。

「1.建売・売建を購入」の場合には、土地と建物の所有者(=支払い先)が同じため、契約時に5%ないしは10%の手付金を払えば、あとは建物完成時(すなわち最終決済時)までは支払いは生じません。

建売・売建住宅を購入したときの自己負担額イメージ

これに対して、「2.土地を購入し、メーカーを自分で探して購入」の場合には、土地と建物の所有者(=支払い先)が異なるため、まず土地を買い(=土地購入代金のローン開始)、建物についてはメーカーを探して「契約(=手付金支払い)⇒上棟(=中間金支払い)⇒完成(=残額支払い)」となり、自己資金の負担が大きく増えるのです。

土地を購入し、ハウスメーカー(施工会社)を自分で探して購入したときの自己負担額イメージ


もちろんどのような物件を選ぶかはお客様のご判断によりますが、支払いの額からいえば、建売・売建の住宅を信頼の置ける不動産会社で選ぶという探し方が、自己資金負担的には大きく得だといえそうです。

未公開物件は無料会員登録でみつかります!

早速ログイン!

1.3500件以上の未公開物件を掲載しています。
2.ご希望のお客様には弊社独自の未公開物件速報をメール配信。
3.登録は30秒、面倒な条件入力はありません。

その他、売却やローンのご相談はこちらから

【フロンティアホーム ホームページ】をご覧のみなさまへ
株式会社フロンティアホームは未公開物件含め多くの不動産物件を取り揃えております。他エリアとの比較で評判の高い、品川区、大田区、目黒区、世田谷区、渋谷区、港区の不動産・一戸建てなど、城南での実績が多くございます。住宅ローンの審査や契約も提携先銀行がございます。また、長期優良住宅・フラット35S対応住宅・制震、免震、耐震構造の住宅、地盤調査済の物件も数多く取り扱っております。東急目黒線、東急東横線、東急池上線、東急大井町線、東急田園都市線、JR山手線、JR京浜東北線、京急線、都営浅草線などの物件購入・不動産売買はフロンティアホームにお任せください。

PAGETOP