品川、大田、目黒、世田谷区の不動産HOME > 不動産お役立ち情報 > 家探し何でも百科事典:上級編 > 北道路・敷地延長・傾斜地 物件の有効な活用方法は?

北道路・敷地延長・傾斜地 物件の有効な活用方法は?

不動産物件にも、なぜか敬遠されがちな物件になる傾向のものがあります。北道路の物件、敷地延長物件(道路に細長い通路上の敷地で接している宅地物件)、傾斜地の 物件といったものはその代表例です。

しかし、こうした物件の中にも、住まい手の工夫次第で「掘り出し物」に一変するものも少なくありません。たとえば以下のような利点に注目して、有効活用することができるのです。

北道路の物件の場合

・発想を逆にして、北側の道路に建物を寄せて建てることで、南側にゆったりとした庭を配置することができるようになります。道路と逆の方向に庭を設けることで、 プライバシーの保護された住空間を確保することができます。
・斜線による制限が一方向で済むため、平面図上は同じ間取りであっても、天井高等で、 図1の通り有利になり、広い居住空間を確保できます。

敷地延長物件の場合

・RVやワンボックスカーでも停めやすい車庫が路地状部分にあるため、同じ床面積でも家が大きくなります。事実上、一部屋増えるのと同じ効果が見込めます(図2)。
・土地が大きいので、建ぺい率、容積率の計算上も有利になります。
・子供が遊ぶスペースとして有効活用ができます。
・比較的割安に購入することができます。
・道路に面していないため静かであり、プライバシーも保護されています。

傾斜地の物件の場合

・隣地と高低差があるため、窓から見える等のことがなく、プライバシーが守れます。(図2)。
・風通しがよく、暮らしやすい立地になります。
・地下の容積緩和が取りやすくなります(図3)。
・スキップフロアーや吹き抜け等、個性的なプランが入りやすくなります(図4)。
・傾斜地を利用してガレージを作ったり、日当りの良い庭を造ったりすることができます。

いかがでしょうか。通説に惑わされずに多くの物件を実際に目で確かめて、こうした工夫をしていく余地を見つけていくことで、「掘り出し物」を見つけることができるのです

天井高などで広い居住空間にする方法

敷地延長物件は一部屋増えるのと同じ、また傾斜地物件にはプライバシーを守れるというメリットも

傾斜地物件は吹き抜けなど個性的な間取りを採り入れたり、地下の容積緩和がとりやすいメリットが

未公開物件は無料会員登録でみつかります!

早速ログイン!

1.3500件以上の未公開物件を掲載しています。
2.ご希望のお客様には弊社独自の未公開物件速報をメール配信。
3.登録は30秒、面倒な条件入力はありません。

その他、売却やローンのご相談はこちらから

【フロンティアホーム ホームページ】をご覧のみなさまへ
株式会社フロンティアホームは未公開物件含め多くの不動産物件を取り揃えております。他エリアとの比較で評判の高い、品川区、大田区、目黒区、世田谷区、渋谷区、港区の不動産・一戸建てなど、城南での実績が多くございます。住宅ローンの審査や契約も提携先銀行がございます。また、長期優良住宅・フラット35S対応住宅・制震、免震、耐震構造の住宅、地盤調査済の物件も数多く取り扱っております。東急目黒線、東急東横線、東急池上線、東急大井町線、東急田園都市線、JR山手線、JR京浜東北線、京急線、都営浅草線などの物件購入・不動産売買はフロンティアホームにお任せください。

PAGETOP